年内最後の新月は、19年7ヶ月に一度のすごい新月

12月22日の年内最後の新月は、太陽と月の復活が重なるすごい新月、朔旦冬至という日らしいです。

朔旦冬至とは、冬至と新月が重なる、つまり「太陽の復活」と「月の復活」が重なる蘇りの日。19年に一度(正確には19年7ヶ月に一度)しか訪れない、暦の上で大変重要な節目となります。

まず冬至とはご存知の通り、一年で最も昼が短い日。この日を境に陽がまた長くなっていきます。つまり、冬至は極限まで弱まった太陽が復活することを意味します。そして新月もまた月のはじまり=復活を意味します。「朔」は新月(New Moon)、「旦」は始まりです。

朔旦冬至は、太陽と月が同時に蘇る、大変“おめでたい”特別な日(瞬間)なのです。

Blossomではこのすごい新月の日にアートセラピーとシンギングボールのヒーリングイベントを開催します。
是非自分を解放しにいらして下さい。
詳しくはイベントページをご覧ください。

アートセラピー
kuriちゃん写真

お知らせの最新記事8件

>無料シェアビズBlossomメンバー募集

無料シェアビズBlossomメンバー募集

無料会員に登録して下さった方には、毎週一度、個性的なオーガナイザーからお役立ち情報をメルマガ配信しています。また、会員ページだけで見れる動画コンテンツも充実させて行きます。 シェアビズBlossomのイベントには、自分の基準で自分らしく生きる人が参加しています。 とりわけ、現在は2拠点生活や移住、農業に興味ある方が多いです。 そんな参加者が持っている情報を共有できる様に、情報シェアしたりつながり合えるコミュニティです。 シェアビズBlossomはイベント参加やセッションを受けるだけの場所ではありません。 自分を咲かせて生きる人たちとぜひつながりを持って情報を共有してください。 ぜひ下記からシェアビズBlossom無料会員にご参加下さい。

CTR IMG